4.人事評価制度の導入支援

4.人事評価制度の導入支援

会社がきちんと職員を評価することが大切であると考えています。

介護事業所の評判は働いている職員にかかっていると言っても過言ではありません。
職員の入れ替わりが激しい職場ではご利用者も安心して過ごせず、評判も下がる一方。退職を未然に食い止め、職員の方にモチベーション高く介護に向き合ってもらうための方法の一つとして、会社がきちんと職員を評価することが大切であると考えています。

人事評価制度を導入する際に気を付けなければいけないポイントは、受ける側の職員にとって納得感がある事です。一方的に評価項目を作成し、評価し、給与が上がります、下がります、だけでは意味のない制度になってしまいます。
人事評価制度を導入することで個々の給料を決めるというのは言わば副産物であり、本来の目的は評価をすることで職員の成長をサポートし、会社自体を強くしていくことにあります。

会社として職員の方にどう成長してほしいのか、これを上司もしくは経営者と膝を突き合わせて話し合うためのツールとして人事評価制度を機能させていくことが理想だと考えています。会社の価値観を反映させた評価項目を作成するのはもちろんの事、職員個人の目標を設定し、評価者と共にマイルストーンを設定することできめ細やかなフォロー体制をつくることができます。

導入費用については会社からの持ち出しを少なく、場合によってはゼロやプラスにできるよう助成金を活用していくご提案を合わせて行わせていただければと考えております。
(例 人事評価改善等助成コース 制度整備助成50万円+目標達成助成80万円
   介護・保育労働者雇用管理制度助成コース 制度整備50万円+目標達成助成1年後57万円+3年後85.5万円など)

私がサポートいたします

【プロフィール】
通所介護事業所にて介護職員、生活相談員、管理者を経験。
その後運営会社本社にて運営マネジャーとして人材採用計画、人材育成、
社内研修、人事考課制度の立案運営などに幅広く関わってきました。
行政対応の経験も多く、指定申請、変更申請だけでなく実地指導の対応も幾度となく経験しています。
得意業態は主に通所介護ですが、居宅介護支援、訪問介護、放課後等デイ、サ高住などの
担当経験もあり幅広いサポートが可能です。

【保有資格】
・宅地建物取引士
・社会保険労務士
・日商簿記3級

PAGE TOP